食パンの角型と山型の違いは何ですか?

【※重要※】Pasco/敷島製パン株式会社を装った偽アカウントにご注意ください
2020.12.04

現在Instagramにおいて、Pasco/敷島製パン株式会社を装った偽アカウントから、お客さまを不正なサイトに誘導する
ダイレクトメッセージ(DM)の送信や、フォローなどの迷惑行為が行われております。

詳細に関してはこちらのFAQをご覧ください。【※重要※】Pasco公式Instagramアカウントを装った偽アカウントにご注意ください

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 963
  • 公開日時 : 2020/04/30 15:24
  • 更新日時 : 2021/11/12 15:22
  • 印刷

食パンの角型と山型の違いは何ですか?

カテゴリー : 

回答

角型の食パンと山型の食パンは見た目以外にも、キメの違いによって食感や口あたりなどに違いがあります。

角型の食パンは、蓋付きのパン型で焼くため四角く焼き上がります。
水分の蒸発が少ないので、しっとりしたパンに仕上がります。

一方、山型の食パンはパン型に蓋をせずに焼き上げるため、生地が上へ上へと膨らみ、山型に焼き上がります。
そのため角型食パンと比べて縦に大きく膨らむため、ふんわりしたパンに仕上がります。
トーストするとサックリとした食感になるのも特長です。

《アンケート》お困りごとは解決しましたか?