• No : 1207
  • 公開日時 : 2020/06/12 16:34
  • 更新日時 : 2020/12/24 13:31
  • 印刷

イングリッシュマフィンはどのように食べるパンですか?

回答

イングリッシュマフィンとは、19世紀イギリスで生まれたパンで、手のひら
サイズの丸い形と、とうもろこしの荒挽粉(=コーングリッツ)をまぶして焼く
のが基本的な特徴です。幅広いアレンジが可能で、朝食、スイーツ、おつまみ
など様々なシーンで食べられています。
 
Pascoの「イングリッシュマフィン」は、そのままでもお召し上がりいただくことが
できますが、トーストしてお召し上がりいただくのが最もお勧めです。外がカリっと
香ばしく、中がもっちりとした食感になり、2つの食感のコントラストをお楽しみ
いただけます。
 
Pascoのブランドサイト「イングリッシュマフィン食堂」では、イングリッシュ
マフィンについての各種コンテンツをご用意しております。
 
美味しい焼き方はこちら
おすすめのレシピはこちら
 
「イングリッシュマフィン食堂」ブランドサイトはこちら