• No : 123
  • 公開日時 : 2020/01/31 13:01
  • 更新日時 : 2021/03/19 16:49
  • 印刷

食べ終わったあとのパッケージ類は、どのように捨てればよいですか?

回答

パッケージ類に表示されている識別表示マークで材質を確認の上、お住まいの自治体の
ルールに従い、分別して捨てていただくようお願いいたします。識別表示を見ても
何ゴミかわからない場合は、お住まいの自治体にお問合せください。
 
【代表的な識別表示マークの例】
 
 
 
なお、識別表示マークと一緒に表示されている「PE」や「PP」などの文字は、使用
されている材質の詳細を表しています。2つ以上の材質を使用している場合は、主たる
材質の記号を先頭に表示し、その下に線をつけて、PE,PPのように記載します。
 
【代表的な材質の略語の例】

PP:ポリプロピレン / PE:ポリエチレン /  PS:ポリスチレン
PA:ポリアミド / PET:ポリエチレンテレフタレート / P:紙
 
 
【よくお問合せいただく商品の分別例】
 
<超熟サンドイッチ用12枚入>
トップシールも本体ケースも、プラスチックごみとして分別して下さい。
 
※時期により上記内容に加え、四角い鮮度保持剤が封入されています。
 お住まいの自治体で特に分別の指定が無い場合は、燃えるゴミとして処分して下さい。
 
<超熟イングリッシュマフィン4個入>
包装紙も留め具(クロージャー)も、プラスチックごみとして分別して下さい。
 
※時期により上記内容に加え、四角い鮮度保持剤が封入されています。
 お住まいの自治体で特に分別の指定が無い場合は、燃えるゴミとして処分して下さい。
 
<なごやん5個入>
トップシール、本体ケース、個包装の包装紙のいずれも、プラスチックごみとして分別して下さい。
     
※個包装の包装紙内には、四角い鮮度保持剤が封入されています。
 お住まいの自治体で特に分別の指定が無い場合は、燃えるゴミとして処分して下さい。
 
【分別に関してよくお問合せいただくご質問】
 
Q.分別したいのですが、シールを剥がせません。
A.シールには製造者、原材料表示、消費・賞味期限等重要な項目が記載されているため、
 容易に剥がすことができない仕様となっております。そのまま剥がさずに、包装紙の
 識別表示を参考にゴミ出しをお願いいたします。
 
Q.包装紙と紙のラベルでは材質が違うため、表示を分けるべきではありませんか?
A.リサイクル表示については、容易に分別できる場合、材質をそれぞれ表示する必要があり
 ますが、容易に分別できない仕様になっている場合は、どちらか重量比の多い素材の
 表示で良いとされています。