子どもにはちみつを使ったパンを食べさせてしまいました。大丈夫でしょうか?

【※重要※】Pasco/敷島製パン株式会社を装った偽アカウントにご注意ください
2020.12.04

現在Instagramにおいて、Pasco/敷島製パン株式会社を装った偽アカウントから、お客さまを不正なサイトに誘導する
ダイレクトメッセージ(DM)の送信や、フォローなどの迷惑行為が行われております。

詳細に関してはこちらのFAQをご覧ください。【※重要※】Pasco公式Instagramアカウントを装った偽アカウントにご注意ください

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 153
  • 公開日時 : 2020/02/20 09:12
  • 更新日時 : 2021/12/06 14:41
  • 印刷

子どもにはちみつを使ったパンを食べさせてしまいました。大丈夫でしょうか?

回答

Pascoでは1歳未満のお子さまのはちみつを使用した商品の喫食は、お控えいただき
たいと考えています。ご心配であれば病院で受診される事をおすすめいたします。
 
【乳児ボツリヌス症について】
はちみつにはボツリヌス菌が含まれている場合があり、1歳未満の乳児にはちみつを
与えると、乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があるとされています。
 
ボツリヌス菌は、はちみつのように生存に適さない環境※では、芽胞という耐久性の
高い殻のようなものをつくり生き残ります。芽胞は熱にも強く、パンをオーブンで
焼成する程度の加熱では、完全に死滅させることができません。
※はちみつは非加熱食品ですが、殺菌作用があるため、多くの細菌は生き残ることができません。
 
生き残ったボツリヌス菌は通常消化器官で死滅しますが、1歳未満の乳児の未熟な消化
器官では、死滅せず増殖し乳児ボツリヌス症にかかってしまう場合があります。

また、クリームなどフィリングとしてはちみつを使用している場合は、1歳未満の乳幼児
の喫食には適さず、より注意が必要です。(焼成後に注入しており、火が通っていない
場合があるため。)

《アンケート》お困りごとは解決しましたか?